MAIL TEL
ブログ スケジュール

浴衣の衣紋をシャキッとする方法/大阪の着付け教室きものたまより

大阪京橋のマンツーマン着付け教室

きものたまよりの堤千草です。

浴衣の後ろの衿のところを衣紋と言います。

そこがふにゃとしてしまう・・・

という方多いのではないでしょうか?

IMG_6123.JPG

上の感じの衣紋は若干ふにゃっとしています。

でももっとふにゃとしたり

内側にぺこっとしてしまうことも・・・。

本来浴衣は湯上り着なので

衣紋はふにゃっとしていても良いものなのですが

より見栄え良くするためには

衣紋もシャキッとするようにするといいですね。

ではどうやってシャキッとさせるか。

FullSizeRender.jpg
浴衣の衿には共衿または掛衿という

二重になっている端の部分が左右にあります。

現代物の浴衣などはこれに衿芯を通すことができるように

共衿の片方だけ内側の入口が開いているものがあります。

FullSizeRender.jpg
こんなかんじで。

FullSizeRender.jpg

そこに衿芯を通します。

それから着付けをします。

IMG_6538.JPG

そうすればこんなにシャキッとした衣紋になります。

昔ながらの浴衣だと閉じられているもの

がほとんどですので

そういう場合はわたしは、自分で細工します。

①まずは片方の共衿の内側の真ん中の糸

切り両端までほどきます

☆共衿は左右どちらでも大丈夫です
☆必ず共衿の内側をほどきましょう

IMG_6541.JPG

②内側の共衿の両端を玉結びして留めておきます

IMG_6542.JPG

ここは手先の器用さが試されるところ。

あくまで自己責任ですので

手先の器用さに自信のある方はやってみてくださいね。

ただ現代ものの浴衣の中には
共衿がきちんと二重になっているものではなく

タックをとって中に空洞ができていないものもあります。

これは解いてみないとわからないのですが・・・

でもそうだとしても衿芯が通らないだけで

両端で玉結びしちゃえば全然OKです。

着付け教室きものたまよりでは

随時新規のお生徒さんを募集しております

手ぶらで受講できる体験レッスンも

ございますのでぜひお越しくださいね!

手ぶらで1デイ体験レッスン

無料のメールマガジン

「着物を日常に取り入れてワンランク上の

美を手に入れる7つのヒント」も配信中。

ご登録はこちらから

無料メルマガ「着物を日常に取り入れてワンランク上の美を得る7つのヒント」
無料メルマガ「着物を日常に取り入れてワンランク上の美を得る7つのヒント」
着物を着てみたい! でも何を揃えればいいの? どこで買えばいいの? お金はいくらくらいかか...

大阪京橋の
マンツーマン着付け教室 きものたまより

レッスンメニュー

レッスン空き状況

お申込み・お問い合わせフォーム

大阪市城東区鴫野西1-2-31竹内方

JR京橋駅から徒歩5分
京阪京橋駅から徒歩8分
大阪ビジネスパーク駅から徒歩10分