MAIL TEL
ブログ スケジュール

脳内にジャズが流れる銘仙の着物/大阪の着付け教室きものたまより

どんな不器用さんでも

美しい着姿をお約束する

大阪京橋のマンツーマン着付け教室

きものたまよりの堤千草です。

秋になったら必ず袖を通したくなる銘仙の着物。

柄が枯れ葉柄なのです。

SubstandardFullSizeRender.jpg

銘仙とは絹のくず糸で織られた着物。

昔の女学生の普段着によく着られたそうです。

明治時代に乃木希典将軍が、女学生に対して質素倹約を掲げ、華やかな小紋などは辞めて地味な木綿の着物を着るように推奨するのですが、おしゃれをしたい女心・・・

女学生たちは

「えーー!なんでなんー!?」

となるわけです。

そんな女学生のためにたくさん織られたお着物なんだそうですよ。

くず糸だから当時はそんな高価なものでもないので、乃木将軍もそこはOKだったのでしょう。

ただくず糸で織られているため、生地はとても弱いです。

なので現在残っているのも少ないので、アンティークやリサイクルでも生地が弱いのに結構いいお値段がしますね。

IMG_4657.JPG

全体はこんなかんじ。

↑なんか気持ちの悪い笑顔だな、どうした?

IMG_4658.JPG

帯は短めの帯で角出しもどき。

SubstandardFullSizeRender.jpg

こちらのアンティークの帯なのです。

アンティーク×アンティークもなかなかいいかんじ。

IMG_4276.JPG

この着物を着るといつも脳内にシャンソンとジャズのスタンダード【枯れ葉】が流れます。

たしかこの日は椎名林檎バージョンの枯れ葉が流れていました。

着付け教室きものたまよりでは

随時新規のお生徒さんを募集しております

手ぶらで受講できる体験レッスンも

ございますのでぜひお越しくださいね!

手ぶらで1デイ体験レッスン

無料のメールマガジン

「着物を日常に取り入れてワンランク上の

美を手に入れる7つのヒント」も配信中。

ご登録はこちらから

無料メルマガ「着物を日常に取り入れてワンランク上の美を得る7つのヒント」
無料メルマガ「着物を日常に取り入れてワンランク上の美を得る7つのヒント」
着物を着てみたい! でも何を揃えればいいの? どこで買えばいいの? お金はいくらくらいかか...

大阪京橋の
マンツーマン着付け教室 きものたまより

レッスンメニュー

レッスン空き状況

お申込み・お問い合わせフォーム

大阪市城東区鴫野西1-2-31竹内方

JR京橋駅から徒歩5分
京阪京橋駅から徒歩8分
大阪ビジネスパーク駅から徒歩10分